「緑川行燈」写真コンテスト

「通潤橋史料館」入賞作品展、中止のお知らせ

8月7日(土曜日)~ 8月22日(月曜日)の期間に予定しておりました、「通潤橋史料館」での、第4回「緑川行燈」写真コンテストの入賞作品の展示を中止いたします。

昨日(7月28日)、熊本県内でもコロナの感染リスクがレベル5に引き上げられました。展示予定の「通潤橋資料館」様は、夏休み期間中やお盆期間中、通潤橋の放水を見に来られる熊本県内外の多くの観光客のお客様で賑わう施設で、だからこそ、緑川流域の魅力を多くの方に知っていただく展示場所・展示機会として、過去3回のコンテストの入賞作品の展示も行ってまいりました。

しかし、第5波の猛威が現実となったコロナ禍の現状では、施設のスタッフの皆様の対応のご苦労やソーシャルディスタンスといった展示スペースの問題、地域での施設のお立場などを考慮し、施設様との協議の結果、主催者の判断により、入賞作品の展示の中止を決定いたしました。

大変残念ではございますが、皆様には何卒ご理解を賜りまして、次回の「玉名温泉・つかさの湯」様での展示をお待ちいただきますよう、ご案内とお願いを申し上げます。よろしくお願いいたします。

 

第4回「緑川行燈」写真コンテスト入賞作品展

vol.1:令和3年7月16日(金曜日)~ 8月1日(日曜日)

「ギャラリー・カフェ杜」

南阿蘇村大字吉田48-3(南阿蘇鉄道:阿蘇白川駅入口)

11:00 ~ 17:00(月曜定休) 入館料:コーヒー代・500円

グランプリ・優秀賞・入選の作品を展示いたします。

佳作の作品は展示していません。

 

vol.2 :令和3年8月7日(土曜日)~ 8月22日(月曜日)

「通潤橋史料館入口」

上益城郡山都町下市182-2(道の駅・通潤橋隣り)

10:00 ~ 16:00(火曜定休)

グランプリ・優秀賞・入選、並びに佳作の作品も展示いたします。

(コロナ禍の状況によっては、展示を中止する可能性がございます。)

 

vol.3:令和3年9月11日(土曜日)~ 9月26日(日曜日)

「玉名温泉 つかさの湯フロント」

玉名市立願寺656-1

9:00 ~ 22:00

グランプリ・優秀賞・入選、並びに佳作の作品も展示いたします。

 

今回、残念ながら入賞になられなかった皆様、

コンテストのご参加を見合わせられた皆様も、

是非ご高覧賜りますよう、ご案内お願い申し上げます。

 

第5回・第6回「緑川行燈」写真コンテストのご案内

いつも「緑川行燈」写真コンテストにご応募いただき、誠にありがとうございます。皆様のおかげをもちまして、この企画を継続できていることに、心より感謝申し上げます。

 

さて、第5回と第6回の「緑川行燈」写真コンテストの開催を発表いたします。

第5回と第6回は、同じ緑川流域を対象としていますが、撮影対象と撮影・応募期間が異なりますので、詳細は下記の応募用紙でご確認ください。

 

第5回のコンテストにつきましては、この企画の発展のため、「特別編」として、主催者の判断により、撮影対象をかなり偏った、一般的に賛同を得られにくい内容に限定しています。

 

その目的は、これまでの4回の「緑川行燈」写真コンテストで、緑川流域の美しい自然の風景、華やかお祭りの様子、山里・故郷らしい人々の生活を表現したたくさんの素晴らしい写真が、この企画に集まってきていますが、

 

これからの企画の中で、これらの美しい、華やかで豊かな写真を8割に利用して、残りの2割に中山間地の現状を表現した写真を交えていくことで、観光用のポスターやカレンダーのように、綺麗で素敵な写真だけを並べたものより、

 

より一層、この素晴らしい緑川流域の大切さに気付いていただき、また、大切に守っていかなければいけないという思いに通じ、緑川流域の今をもっと知りたい・行ってみたいという喚起にもつながり、この企画のメッセージをより強く明確に伝えていけると考え、撮影対象を偏らせた特別編としての第5回「緑川行燈」写真コンテストを企画いたしました。

 

皆様の写真ライフにはそぐわない内容であろうと、重々承知いたしておりますが、これまで同様の通常の撮影対象のコンテストを、第6回として準備していますので、是非、第6回コンテストにはこれまで同様のご愛顧を賜りながら、

 

様々なコンテストが開催されているかと思いますが、緑川流域の写真撮影の際に、たまたま第5回コンテストの内容にそった撮影チャンスがあった時、あるいは、たまたま気が向いた時には、この企画のことを思い出していただき、作品をご応募いただけましたら、大変嬉しく思います。

 

ちなみに、第5回コンテストの撮影対象は、これまでの4回のコンテストでも募集していた撮影対象ですが、なかなか数が多く集まらないので、特別に集中して募集する次第で、第6回以降の「緑川行燈」写真コンテスト、並びに弊社主催の「奥の菊道」と「球磨時雨」の写真コンテストでも、引き続き、積極的に募集している撮影対象です。

 

皆様からお預かりした写真は、これからの「緑川行燈」企画を通して、大切に、有効に活用させていただきますので、今後とも、「緑川行燈」写真コンテストをよろしくお願い申し上げます。

 

第5回(特別編)「緑川行燈」写真コンテスト

ダウンロード
第5回(特別編)「緑川行燈」写真コンテスト:応募要項・応募用紙
第5回(特別編)「緑川行燈」写真コンテスト:応募用紙.pdf
PDFファイル 287.5 KB

第6回「緑川行燈」写真コンテスト

ダウンロード
第6回「緑川行燈」写真コンテスト:応募要綱・応募用紙
第6回「緑川行燈」写真コンテスト:応募用紙.pdf
PDFファイル 271.6 KB

 「緑川行燈」写真コンテストは

これから少しずつ消えていってしまうかもしれない

自然情緒豊かで謙虚な生活が残る熊本県央の

緑川流域の故郷の情景を写真に撮っていただき

その写真を広くご紹介していくことで

大切なことを見失ってしまいがちな今の日本の社会への

故郷からの最後のメッセージを伝えていくことを

目的とした写真コンテストです。

 

 美しい緑川流域に足をお運びいただき、

そこで撮られた皆様の写真をご応募ください。

皆様の写真で、この企画を一緒に手伝ってください。

 

 このホームページの「旅行」のページに掲載されている写真は、

 これまでの「緑川行燈」写真コンテストの入賞作品です。

 

「緑川行燈」写真コンテスト・入賞者の皆さま