企画完成にあたってのメッセージ

平川企画では、故郷の有終の在り方をお手伝いする企画として、

何もかもが行き過ぎてしまって、行き詰ってしまった現代の日本の社会で、

これから日本人が向き合うであろう、価値観の転換にあたって、

 

その一つの道標となるためにこそ、

今、消えかかっている、あるいは既に消えていってしまった

日本の故郷の意味・価値、有終の在り方があると考え、

 

 俳句と写真を、そのメッセージを伝えていくための伝達手段として、

2010年から、熊本県北の菊池川流域を対象とした「奥の菊道」企画

2016年から、熊本県央の緑川流域を対象とした 「緑川行燈」企画

   2019年から、熊本県南の球磨川流域を対象とした「球磨時雨」企画を

運営してきました。

 

そして、2023年9月、緑川流域の「緑川行燈」企画につきましては、

約8年間、多くの方のご協力を賜りまして「企画が完成した」ことを

ここにご報告させていただきます。

 

 

熊本には4本の一級河川があり、その中の3河川を企画対象としてきましたが、

残りの1本の一級河川・白川流域に2022年、世界的半導体企業の進出が決まり、観光地の阿蘇から政令指定都市熊本市に流れるこの白川流域は、大きく急激に変化しています。 

地方が今の時代を生き抜いていくためには、道徳や良心や理想ではなく、経済や企業や市場の論理をベースにせざる得ず、もう後戻りのできない現代の社会でのやむを得ない唯一の選択肢ではあったとは思いますが、

コインの裏表のように、白川流域に人やお金やモノや政策が流れ込む一方で、

この緑川流域には、人のいなくなった空き家・集落・耕作放棄地・インフラ、商店・学校・無縁墓が残されていくでしょう。

そして、一時的・部分的・表面的には、今の日本で発展と表現される状況が、白川流域を中心に創出されるでしょうが、歴史が何度も教えてくれるように、

この選択は、熊本県の衰退への大きなきっかけとなっていくでしょう。

 

近い将来、環境破壊や気候変動、エネルギー危機や食糧危機、人口減少による労働力不足、いつの時代も同じ人間社会の分断と国際危機、この期に及んでも市場経済のシステムをベースにした日本の政策、そして忘れた頃に、定期的に必ずやって来る自然災害・・

もうどうにも止められない時代の流れの中で、過酷な、人によっては、悲惨な状況に直面する時、現代社会のシステムと価値観の転換が個々人に求められる時が、訪れるでしょう。

 

その時こそ、この「緑川行燈」企画が意味や意義を持つことでしょう。

現代の日本人が、忘れてしまったもの・なくしてしまったもの、

あるいは、置いてきたもの・捨ててきてしまったもの、すなわち、

自然と共に生きることであったり、

農業や労働の大切さを知り、足るを知る生活を営むことであったり、

 家族や日々の生活を大事に、一生懸命に生きていくことであったり・・

そういったことを思い出させてくれる道標の1つとなってくれるでしょう。

「小さな島国に戻ろう!」と・・

 

そして長い時間が過ぎた後、

この緑川流域に人々が戻ってきて、再び暮らし始める・・

これが弊社の考える地域創生・地域再生・地域活性化の企画です。

 

「緑川行燈」の企画名は、絶対的な光である太陽の光にも、神秘的な光である月の光にも、合理的で実用的な光である電気の光にもなれない、でも、どこか

優しくて暖かく、懐かしくて風流な「行燈」の灯りを、情緒豊かな美しい自然と懐かしい生活の残る緑川流域のイメージとして表現すると同時に、

盆提灯や墓前灯篭が、ご先祖様が帰ってこられる際や向こうの世界での道標となるように、この企画が、混沌の社会の中で、人々の「人生の振り返り」と「自分の見つめ直し」の時間を灯し、いつの日にか、この緑川に人々が戻って来る際の「行灯」となるようにという思いを込めて、名付けた企画名です。

 

約8年間、多くの皆様のご協力とご愛顧、誠にありがとうございました。

いつの日か、この「緑川行燈」で、またお会いしましょう。

2023年9月1日 平川企画